よくある質問

野球肘・野球肩は、保険対象ですか?
投球障害は、繰り返しの動作によるものになり、保険の適用はされません。
保険は効きますか?
横浜ベースボール整骨院では、怪我や痛みに対しては保険適用、疲れ、だるさに対しては自由診療を行っております。
適正かつ、信頼ある整骨院です。
野球肘で投球禁止と言われました。
症状を的確に判断して、施術を行います。横浜ベースボール整骨院では院内に投球ルームがあり実際に院内でボールを投げてビデオカメラによる投球チェックを行い再発防止に努めます。ご相談ください。
ボールを投げる時に肩が痛みます。
肩関節は特殊な関節になる部分です。特に野球肩は投球動作をしっかりと理解しなくてはなりません。痛めてしまった肩は野球専門の病院や整骨院にご相談いただくのが望ましいので、よろしければ横浜ベースボール整骨院へご相談ください。的確に対処いたします。
投球後、1週間たっても張りが取れません。なぜですか?
骨、靭帯、筋肉、神経などの様々な問題が考えられます。野球に力を入れた医療機関に受診するようにしてください。当施設ではエコーを使用し、レントゲンでは確認できない組織の評価を行い、症状を特定する様々な徒手テストを行い、安全で効果的な施術を心がけておりますのでご安心ください。
ストレッチをしても柔らかくなりません。
パフォーマンスの前提条件として身体の可動性があげられます。この可動性は怪我の予防だけではなく、パフォーマンス向上も期待できます。もしかしたら、ストレッチの方法に問題があるかもしれません。
練習中に肘を上げろとコーチに言われました。
下半身の動きと腰、肩甲骨の動きが肘を上に上げていきますので、肘をあげろと言われて無理に肘を上げると、肩や肘の関節に負担をかけることとなり、野球肘の原因となります。横浜ベースボール整骨院では少年野球のスタッフ、父母を対象に講演会を行っていますのでご興味のある方は、お問い合わせください。
アイシングをすると、皮膚に赤い固まりができます。
アイシングアレルギーがあります。アレルギーを持っている方に対しては、あまり長くアイシングをせず、必ず布や、肌着の上から行いましょう。専門機関にご相談ください。
筋肉の張りでも整骨院で施術が受けられますか?
整骨院での保険取り扱いは、すべての症状には対応しておりません。骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)に対応し、その中でも更に、厳密に記されています。成長期特有の疾患やスポーツ障害は保険の取り扱いはできません。当施設では、保険適応外で対応させていただきます。
横浜ベースボール整骨院へのお問い合わせはこちら
ページ先頭へ戻る